【コラム】恋愛や結婚のために特別に活動しなければならない時代?

私たちサンマリエは、お客様から様々な質問をいただきます。
特に、通常の出会いと結婚につながる出逢いの狭間で悩まれての質問を多数いただきます。

TwitterやFacebook、mixi、MySpace……。
人と人がつながるコミュニティ型のWebサイトは数多くあり、簡単に出会うことができる時代。
なのに特別に活動しなくてはならないの?と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

気軽に出会える時代。
オフ会などで広く浅く楽しめる場はあるけれど、結婚につながる出逢いや結婚を意識した恋愛に繋がることはなかなかないと感じているかたは多いようですね。
実は今、特別に活動しなくては恋愛や結婚ができない時代になっています。

その様子は、国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第14回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査」(2011年発表)で発表された
『独身にとどまっている理由』の調査結果からもよくわかります。
18歳~24歳の男女が独身にとどまる理由は「まだ若すぎる」「まだ必要性を感じない」と、『結婚をしない理由』が最も多いのに比べ、
25歳~34歳の男女が答えた理由は、「適当な相手に巡り会わない」が他のどの理由よりもダントツに多く、
結婚を意識できる出逢いそのものにたどりついていない傾向へ変化しているのです。
それほど、結婚を意識する恋愛や結婚につながる出逢いが難しくなっているのですね。

サンマリエの会員様に聞き取り調査をしたところ、
・「特別に何もしなくても、大人になれば恋愛結婚できると思っていたけれど、自分から行動しないと本物の出逢いがないことにようやく気がついた」
・「3年前に恋人と別れてから、趣味や仕事に夢中になっている間に周りは次々に結婚して我に返った」
というご意見が多数を占めていました。
そこで現状を変えるために活動したい!と考える方がとても多い状況です。

今年の目標などを具体的に想い描いた1月が過ぎ、もうすぐバレンタインデー。
バレンタインデー、ホワイトデーと恋愛にまつわるイベントの後は暖かい春がやってきます。

活動的になる春にむかって、ご自身の出逢いの環境をもう一度確認してみませんか?